狂える鳩に永久の騒音あれがんばれジョン様

ジョン様の物語


インノケンティウス三世対ジョン王


終章 ジョン王降伏! AA版



(担当 客人の例のにゃあにゃあ)

解説
インノケンティウス三世対ジョン王 第二幕 聖務停止 AA版 GIF版 の続き。
1209年に教皇はジョン王を破門し、1212年にはグウィネズ公リュウエリンが反乱を起こし、イングランド諸候の間にも不穏な空気が流れ始めていた。同時にフランス王がイングランド侵攻準備を始めてジョン王は窮地に立ち、1214年にジョン王は教皇へイングランドを献上して教皇の許しを得て、戦いは終わった。
                     /||丶
                     / .| | l
                  /   .| | l
                 /  .  .| | l
         ,.-、     /      .| | l
     /^`~",  :\   |二・二・二・二| ニヤ  
   ,.-",   /......:::::i::l.   /:::::i      `,   ニヤニヤ
  ,.i  .|  :キ:::::::::::|::、 i:::::::!   , /  \、  
 / 、  | ,;:::::l:::::::::::マ,.-‐-、.ヽ─( ・=-)(・=-) 
 i、 ヘ  :\:::::::キ;:::::::(:::j::):...)  `ー '( ) -'   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヤ、 \:::::\,::::\:;;;:iゞ:-:;ィ  /"ヽエェェヺ  / 
.,;iiλ\.,,ィ^-‐'`ー",::::|:;X'::7     ヽニソ <  ジョン、おまえには
";ii::i`ゝ、::;;;:、-‐-;;;;i‐''''|  〉'.ヘ●  `ー /    \  これをやろう。
.;ill;;:\::::::::::::::::;ノノl} ,.ィ|、/ー-`=‐-、 /ノ     \________
iilllllli;;:::`:‐-‐'":;ノ'i'::i.(破)マ=‐-、.,,_`l, ,.へ
llllllllllllii;;,,___;;;iill|||'::|i,.(門),ノ  ー  ││7^ヾ'‐-、、
|||||||||||||||||||||||j'::::|::`:‐‐"      ││  \  `ヽ
教皇は次の一手を打った。ジョン王を破門したのだ。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;十;;;;;;字;;;;;;軍;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;破;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::: :;| |;;;;;;;:::::::::侵;;;;略;;;;
;;;;;∧_∧ ;;;;;;;;;;|゙|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;門;;;;;;;|゙|;;;;;;;; ∧_∧:;:;:;:;:;:;:;:; | |;:;:;;:;:∧_∧:;:;:;:;:;
イ( ゚∀゚ )タ━| |━ン!!!!;;∧_∧;::::::イタ| | ━( ゚∀゚ )━━ン | |:イタ( ゚∀゚ )━ン
'´::::::::::::::::::::::: イ| |タ━━( ゚∀゚ )━━| |ン!!!!´:::::::::::::`ヽ;:;:;:;:;:;: | | ./:::::::::::::゙`ヽ、 ;;:
:::━╋━:: :::::|| |:;:;::;:-‐'´:::::::::::::`゙ヽ、;:;:;| |:;:;/ :━╋━:::::ヽ:;:;:;:; | |/ ::::━╋━:::::::| ;:
 ... ┃.....  .::::|| | ; /  :::━╋━:::::::::l;:;:| | :|:::  :::┃::::::: ::::|   | |ヾ :::::::┃:::::: :::|
 ... ┃....../ .::: || | .|:::.....::::::::┃::::::: :::::|:;::| | |:::|ヾ.┃゙""./|:;;|  ..| | ヽ.゙゙.┃""./|:::|
: : :::::::: ::::l |::::|.| |..|:::/ヽ...゙゙.┃"" /.|::::| .| |.|::| .|:::::::::::::::l |:::|   | |  |:::::::::::::::| |:::|
::::::::::::::::::::l .|::::|.| |.|:::| |:::::::::::::::: | .|:::|  .| ||::| l:::::::::::::::l |:::|   | |  |:::::::::::::::| |:;:|
::::::::::::::::::  |::::| | ||:::|  ::::::::::::::::  .|:::| ...| |lソ :::::::::::::::  |::|   | |  ::::::::::::::  |::|
::::::::     |:::| .| |:::|  ::::::::::::::::  |::|  | |        ヽ_つ | |        .ヽ_
        .ヽ_つ.|::l   ''' ''''     ヽ_つ | |          .  | |   抹
 破 壊     l.lソ        ____    虐
         ,,-、,-------、_____/lililili|______   殺          殺  ______
破門は聖務停止より危険な処置である。
ジョン王を異端としていつでも十字軍の対象とすることができ、家臣もジョン王に尽くす必要はなくなる。
但し、家臣の支持がしっかりしていて、外部から攻撃を受けるような状況になければ、
さして問題になるようなものではなかった。
           ./||丶                      . 。   。   。   。
            / .| | l                        | ヽ / ヽ ./ ヽ / |
          /   .| |. l                       |:  V   V   V  .|
        /    .| | l                       .|   フィリップ    |
       /     .| | .l                      .|.________|
  ニヤ   |二・二・二・二・|  ニヤ                 /             \ 
      | |      `,  ニヤニヤ            .  / ̄\              ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ニヤ | !   , / \、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    r┤    ト  ,_   _,,   .:::::::::l  / 了解!
      i~ヽ─( =・-)(=・-)  /フィリップ君。     /  \_/ ヽ..´゚゛} `'゚゛     ::::::::::|<  正義は我にあり。
      ( 6   `ー '( ) -'  < イングランドは     |   _( ̄ l  _''__,    :::::::::::::::::|  \ 侵攻作戦開始!
 ニヤニヤ .|   /"ヽエェェェヺ   \君の物だよ。   .  |   _)_ノ   ー   .:::::::::::::::::::/    \______
        |    ヽニニソ     \______   ヽ____)ノ 
       |●  `ー/
そう、破門だけでは威力不足である。破門された異端者を成敗する役が必要だ。
そこで教皇は非公式にフランス王フィリップにジョン王を廃するべくイングランドへ侵攻するように打診した。
フィリップは大義名分を手にしたことでイングランド侵攻準備を本格化させた。
                。   。  。
               .  |ヽ  /ヽ /|
                 |  V   V :|
                .|       |                   (  (
                |._____|                    )   )
              、 ゛  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ヾ. 異端はヤバイよ。   ,.、   / /
               ミ   ミ゛,へ.__, ,_ノヽ i.  異端は         .| |l   l ,´
             ミ    ミ, ( ・) {・フ 〉 ミ.成敗しなきゃな_-、i::| |ニニii '
         、,,,,ツi:     ミ,`~´ ヽ~〈  .ミ        /,‐ヽヽ`、||
       、シ``   i:      ,ゞ  'n.inヽ. .ミ          ( .〉〉/ 
      シ  //      ミ`    l.l ヽ"、         /  ノ   
     ミ/ シ           彡 ,=こ二=.{ ミ,,      ,r'´ ,,、'゛
     ミi. /  /       ' ! w、`~^' vwv '、   ミ      〃 .ミ
    .ミ /     i:  /      `^^     \ ."   〃  ミ
   .ミ.:/ / / i:      v    !  ,,   \ 、 〃  ミ
   :i;     .i:   w      !!   ミ!:   ミ \\( ⌒ヽ
   :i;  /   i:      !!       .ミ キ    , ⌒`、_  )  )
   :il     .i:    !    w!    ミ .:i.   (_ (  _,ノ  ) ,
  :il   !  i:           ! ,〃゛  キ    ゞ、 __,  ノ , 
  .:il !   /~~````` " '''' = ‐- 、ミ  _,,,,_ミ,  il `  ー ´
  :il   ´ ―  ̄ - ,,. -‐‐-、、 ヽ. ヾ、  ゞ、 `  〃
  ゝ、wx.mn.!!++ナ'~      ヾ~ヽ、 ヽ、 ,, ~^^}´
そして破門の影響もじわじわと表れてきた。
ジョンの破門に反応してグウィネズ公リュウエリンが反乱を起こした。
      ___ .@
      |  |::|  .||
      |ニニ .ニニ.||
      |  |::|  .||
      ~~~~~~~~.||
     .|VVVV|  .||
     |    |  .||
   / ̄ ̄ ̄\ .||
   | (● (● ..|/○
  . .ヽ. ....∀....::::/ ∧彡   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, /i___ノつ 彡 ・\< ウェールズのサル共を退治するぞ!!!    ,,、,、,,,
    / i__┫ 彡 人_) \___________  ,,、,、,,,
  (⌒ ̄(_)   )      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,ゝ  ノーヽ  ノ  ,,、,、,,,    \もも━━━━━━━━━━ツ!!! /
   | | |   | | |          .∧    .∧    .∧     ∧     ∧
   i__ヽヽ  i__ヽヽ.         .)(    .)(    .)(     ..)(     )(
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,       ‖     .‖    ..‖     .‖     ‖
      ,,、,、,,,       ...   ..‖∧   .‖.∧  ...‖.∧   ‖∧   ‖∧
                  .;'''⌒ヽ)(;'''⌒ヽ .)(.;'''⌒ヽ )( ;'''⌒ヽ )( ;'''⌒ヽ.)(
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,   ....l=====..||.l===== .|| l=====...||...l=====.||..l===== ..||
     ,,、,、,,,        /~~|(゚∀゚.*).||(゚∀゚..*).||..(゚∀゚.*).|| (゚∀゚ *)||..(゚∀゚.*)..||
,,、,、,,,       ,,、,、,,,   |╋ |.;'''⌒ヽ..|| .;'''⌒ヽ..|| .;'''⌒ヽ...||...;'''⌒ヽ..|| .;'''⌒ヽ..||
                |  |l=====.|| .l=====.||..l===== .||..l=====..|| .l=====...||
                /~~|(゚∀゚ *)O.(゚∀゚ *)O.(゚∀゚ *)O.(゚∀゚ *)O.(゚∀゚ *)O
                |╋ |ノニニヽ.‖.|ノニニヽ‖|ノニニヽ ‖|ノニニヽ ‖|ノニニヽ ‖
,,、,、,,,       ,,、,、,,,   .|  |__╋_| .|__╋_| |__╋_|  |__╋_| |__╋_|
                .\/(_(__j .(_(__j .(_(__j (_(__j .(_(__j
ジョン王は直ぐに対応して追討軍を編成した。
|VVV|
|__|
|ノ人)〉
|゚∀゚イl  お父様が危ない。
⊂)ノ||
|/_|〉ノ
|'ノ
    。   。  。 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   .  |ヽ  /ヽ /| | てめーら、ジョン暗殺の手はずが整ったぞ。 ..|
     |  V   V :| | 奴は家臣の手であの世いきだ!!!     |
    .|       | |  __________________|
    |._____| |/             ,,.r'' ゛~~` ''ッ,,       ,,.r'' ゛~~` ''ッ,,
  、 ゛  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ヾ.      ウキィ   .ッ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  " 、    .ッ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  " 、
   ミ   ミ゛,へ.__, ,_ノヽ i.           .i ハ_, ,__.へ,"ミ   ミ     .i ハ_, ,__.へ,"ミ   ミ
  ミ    ミ, ( ・) {・フ 〉 ミ.          ミ 〈 {・フ (・ ) ,ミ    ミ   ミ 〈 {・フ (・ ) ,ミ    ミ
 i:     ミ,`~´ ヽ~〈  .ミ   ムキィ    ミ.  〉~ヽ `~´,ミ     :i  ミ.  〉~ヽ `~´,ミ     :i
  i:      ,ゞ  'n.inヽ. .ミ         ミ. ./ni.n'  ゙ィ,      :i   ミ. ./ni.n'  ゙ィ,      :i
      ミ`    l.l ヽ"、  アキャ   ,゛/ l.l    ´ミ       ,゛/ l.l    ´ミ
      彡 ,=こ二=.{ ミ,,      ,,ミ }.=二こ=, ミ_     ,,ミ }.=二こ=, ミ_
    ' ! w、`~^' vwv '、   ミ      ミ   、' vwv '^~´、w ! '    ミ   、' vwv '^~´、w ! '
そこへグウィネズ公の妻でジョン王の庶子ジョアンから軍内に裏切り者がいるとの知らせが入り、
この報がきっかけとなって数名の諸候によるジョン王暗殺計画が露呈した。
主犯格の二人は逃亡したが、この事件がジョン王に与えた影響は計り知れなかった。
     ∫        .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   / ̄ ̄ ̄ ̄\   | 陛下、和解なされ。教皇様と和解なさるのじゃ。  ..|
  /         \ |  _____________________|
 /\   ⌒   ⌒||/
 |||||||   (・)  (・)|      。   。   。   。
 (6-------◯⌒つ|      | ヽ / ヽ ./ ヽ / |
 |    _||||||||| |     |:  V   V   V  .|
  \ / \_/ /   .nm |:            |
  /\____/ ヽ、 /)- | |________.|        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /    \--/ |  ̄|_ ノ              \    / マーシャル爺
 |      /   |  || /                  ヽ <  助けて
 !    /     ノ   | l                  :::::::::.|   \ 何でもするから
 `iヽ__ノ━━━━ヽ、__ノ |   (●)     (●)   ::::::::::|    \_____
  ヽ、     |^ヽ、__ノ   .|   ∪\___/   :::::::::::::::::|
    ̄ ̄ ̄` - ′   ⊂      \/  .:::::::::::::::::⊂⌒⌒⊃
イングランドの諸候はジョン王の破門に動揺し、分裂の危機に陥り、
ここへフィリップが侵攻してきたら一撃でイングランドは崩壊しかねない状況にあった。
ジョン王は大きなショックを受けてペンブルック伯ウィリアム・マーシャルに泣きついた。
マーシャルは諸候の引き締めを計ると同時に教皇との和解をジョン王に強く勧めた。
            /||`
           /.| | l
        /  .| |. l
       /    .| | l
       /    .| | .l
      |二・二・二・二|      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | |      `,    /  よーやくワシの恐ろしさがわかったか。
      | !   , / \、  <  よいぞ。許してやるぞ。
  / ニ- i~ヽ─( =・-)(=・-)   \_____
メ / ̄ ̄\   `ー '( ) -'          。   。   。   。
| ||       | /"ヽエェェェヺ            | ヽ / ヽ ./ ヽ / |
| ||  __  |   lーrー、/  ∩_nm      |:  V   V   V  .|
ヾ.\||||||||./● ヽニニソ  (  `つ  .   |:            |
 メ  .||/ \ー--/ \/ /       |________.|         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   / ニ)    ` \ ヽ ヽ/       /             \    / ごめんなさい。
   l  ニ) y      \/⌒\    /                  ヽ <  イングランドあげるから
  ./`ーイ /、    ,,r-/   / `、ノヽ. l                  :::::::::.|   \ 許して。
  ヽ_ノ  \ '       /~ヽ、   /.  .|   (●)     (●)   ::::::::::|    \_____
          \__ ノ_ノ `ー'    |   ∪\___/   :::::::::::::::::| 
              |  /     ⊂      \/  .:::::::::::::::::⊂⌒⌒⊃
ジョン王はマーシャルの勧めに従い教皇との交渉に入り、教会に与えた損害を賠償し、
イングランドを教皇に献上するとした条件を呑んだ。
  \  (;:;:,(:;:';:(;:`゙.)(;:;:,(:;:';:(;:`゙.゙.)(;:;:,(:;:';:(;:`゙.)           r―――――.,_ 
\  |   (;:;:,(:;:';:(;:`゙.)(;:;:,(:;:';:(;)(;:;:,(:;:';:(;:`゙.)           i          ヽ
 |  | ̄ ̄|''i(;:;:,(:;:';:(;:`゙.)(;:;:,(:;:';(;:`゙.)(;:;:';:(;:`゙.)         │Long Sword   |
 |  |   | | (;:;:,(:;:';:.)(;(;:;:,(:;:';:`(  )          ┌――_、----.,____l
 |  |   | |  (;:;:,(:;:';:(;:`゙.)(;:;:;:,(:;:';:(;:`゙.)          ̄ ̄━━  ━━━ ゙i l
    。   。   。  (;:;:,(:;:';:.)((:;:';:(;:`゙.)             《●》  《●》》 │ ,i┐   Π
ヽ / ヽ ./ ヽ / | ̄ヽ二フ (;:;:,(:二フ ボウボウ          │=│  =   │i/ .l ̄ ̄ ̄ ̄l
 V   V   V  .|  `ヘ,ニ'''''''''''""~~゙゙"                   ヽ │      └l  .l      l
   フィリップ   .|   `''-,,、                       │:└:∴    │ .l      l
_________|.   `''-,,、       ザマーミロ!!! ヽ ⊂⊃     イ │ l____l
            \     `''-,,、                 i∵∵∵/ ! │   ‖
               ヽ ___、  `゙'-、_               l ̄ ̄ ̄ ̄(二) == == (二)-i/ ̄ ̄/
.     ,,_   _,     |          `'ヽ,,、           \:;',.;゙:`":;',.;゙:`";゙:`":;',.;゙: ,.;゙:,.; ,,,、l
:     "○`} "○`    |      .,,,,,,,、    `'ヽ,,、        ゙゙""'''''""~~゙゙""'''~゙゙""'''''""~~゙゙""  ザッザー
::::::::      ,__''_       | 私の艦隊を返せ!!!`'ヽ,,、
:::::::::::::.   |lil|      ノ
教皇との交渉がほぼ成功し、戦いにめどが付いた1213年5月に
ソールズベリ伯ウィリアム・ロングソード率いる艦隊が
フランドルに集結中だったフィリップの艦隊を奇襲して焼き払い、
フィリップ侵攻の危機も去る。
          .。   。   。   。
           .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
           |:  V   V   V  .|
          .|:           .|
          |________.|.
        /             \
       /                  ヽ えー、
        l:::::::::.                  |  国民の皆様にお伝えします。
        |::::::::::   (●)     (●)   |   僕はイングランドを教皇様に献上しました。
       |:::::::::::::::::   \___/     |    今日からこの国の君主は教皇様です。
        ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
                U θU
            / ̄ ̄T ̄ ̄\
           |二二二二二二二|
           |        |
パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ
フィリップ艦隊撃破の直後にジョン王は教皇にイングランドを献上した旨発表し、
教皇との戦いは終わりを迎えた。
しかし、教皇にイングランドを献上して何が問題があるかというと、
実のところ司教を自由に選べなくなる危険性がある以外大した問題がなく、
賠償額も実際に儲けた額未満であり、
経済的にも打撃を受けたというわけでもなかった。
むしろジョン王に逆らうようになってきた諸候を押さえ込むのに
教皇の権威や教会の力を利用できるようになり、
次の戦いのための有力な武器を手にしたともいえる状況だった。
inserted by FC2 system