狂える鳩に永久の騒音あれがんばれジョン様

ジョン様の物語


インノケンティウス三世対ジョン王


第二幕 聖務停止 AA版



(担当 客人の例のにゃあにゃあ)

解説
インノケンティウス三世対ジョン王 第一幕 開戦 AA版 GIF版 の続き。
1208年にインノケンティウス三世はイングランドの司教達に向けて聖務停止を指示し、ジョン王も聖務停止に従う聖職者に対して強攻策に打って出たために両者の戦いは泥沼化の様相を呈した。
聖務停止、それは簡単にいうと聖職者のストライキである。

  |~ ̄ ̄|  聖務スルノマンドクセー
  |__†__|        ∧∧     ∧∧ 司祭様。お説教してください。
  ('A`  )       (゚o゚ )     (゚o゚ )  手紙の代筆お願いします。
 O^ソ⌒とヽ      |`--´ヽ   |`--´ヽ  教会の鐘を打ってください。
 (_(_ノ、_ソ      ∪ー∪__)⊃ ∪ー∪__)⊃
当時の聖職者はある意味現代の役所と似たような役割を担っていた。
そしてそれだけでなく、生活と宗教が密着していた当時の社会にとって聖務を止められることは
死活問題にも繋がることだった。
             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                      |VVVV:| 
王は何してるんだ!...|  聖務を......|                                      |    |
早急に対策せよ!゙ .| .回復せよ_ | 教皇様に謝罪せよ! バカ王はいらない!        / ̄ ̄ ̄\
\           /. |_____| \          /\          /        |..   u   |
   ∧∧  ∧∧  . ∧∧゙||       ∧∧    ∧∧       ∧∧           .   |::●) ●)u|
  ( ゚O゚)') ( ゚O゚)')  ( ゚O゚)||      ( ゚O゚)')  ( ゚O゚)')   _ ( ゚O゚)')    落ち着いて ヽ::...∀...:::::.ノ
  ∪  |  ∪ |   | つつ ∧∧  ∪ ノ   ∪  ノ  //| ̄∪ ̄ ̄|\   落ち着いて ⊂ ∀⊂
 〜(  | 〜ヽ_つ 〜(  |  ( ゚O゚) 〜(  |  〜(  |   ̄|_|____| ̄           /_〈/ __ハ
  (/"ヽ)   し'    (/"U @(,,_ノ  (/"ヽ)  (/"ヽ)       (/"ヽ)               し ソ
この聖務停止の最大の狙いは聖務停止により生活に支障を来した民衆、更には諸候などが
王に対して聖務の回復を求めて圧力をかけるにある。この圧力により王を屈服させようと言うのである。
`〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜´
           ./||丶  ○ モアモアモア〜
            / .| | l O
          /   .| |. l
        /    .| | l
       /     .| | .l
  ニヤ   |二・二・二・二・|  ニヤ
      | |      `,  ニヤニヤ
   ニヤ | !   , / \、
      i~ヽ─( =・-)(=・-)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( 6   `ー '( ) -'  < 1年と持つまい。
 ニヤニヤ .|   /"ヽエェェェヺ   \______
        |    ヽニニソ
       |●  `ー/
教皇は短期間の内にジョン王は屈服すると踏んでいた。
だが、教皇の期待は大きく裏切られた。
ジョン王は精力的に聖務回復に動いたのだ。
       。   。   。   。
     .  | ヽ / ヽ ./ ヽ / |
       |.  V   V   V  :|
      .|            |
      |________.|
     /             \ 東にさぼる聖職者がいると聞くと
    /                 ヽ
    |   (●)     (●)   ::::::::::| 二
    |     \___/   :::::::::::::::::|
    ヽ     \/  .:::::::::::::::::::/
   (,ア)\,        __ /^'' -
    ヽ ゛')~ (           ) \ ニ ニ
     `--┘ヽ         /ヽ ノヽ
          ゝ ロ[日]ロ__コニl ヽ `ヽソ = 
           ヽ ̄´  `゛'   }  ─ ──
            \__ィ,, __ / _ _ _ _
            と_、_> ,  )       ゚
      キュムキュム     \__)_ ゚. 。, ・
        _____。⊂´_,丿。 ・; ._ _ _
 . |:VVVV|
 . |    |
 / ̄ ̄ ̄\
 |        | 行って財産を取り上げる。  | ̄ ̄~|
 | ●) ●)::::|                    |_†___|
 ヽ....∀.....:::::::/⌒ヽ        かえして〜 (゚O゚ lil)
  と ∀⊂/ 金 ノ                と とヽ
   /_〈/__ハ _ノ                  Y  人
   .. し ヽ)                      (_)し
          。   。   。   。
         .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
         |:  V   V   V  .|
  .       |            |
         |.________|
       /             \  西に怠ける聖職者がいると聞くと
      /                  ヽ
    二 |::::::::::   (●)     (●)   |
      |:::::::::::::::::   \___/     |
      ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
      - ''^ヽ、 __        ,/(ア,)
ニ ニ / (             ) ~('" ノ
    /ヽイヽ           ヽ-- '      
 = 'ヽソ /  lニコ__ロ[日]ロ ノ
── ─  {   '"´  ` ̄ヽノ
 _ _ _ _ヽ、__ ,,ィ__/
  ゚       (  , <_、_つ
   ・ ,。 .゚ _(__/      キュムキュム
_ _ _. ;・ 。ヽ,_`っ。______
                             |VVVV:|
                             |    |
                     _ _ _ / ̄ ̄ ̄\
    |~ ̄ ̄|               (>´   ` く〉.        |
   |___†_|              〈(人ヽゝ i |:::: ●) ●)| 行って愛人を取り上げる。
   (lil ゚O゚) かえして〜  アーレー lト゚O゚ ノil リヽ:::::::.....∀....ノ
    /つ つ             ⊂(ahya⊂ ⊂.  ∀ つ 
   人  Y                ( ( ノ  /_〈/ __ハ 
   し(_)                しし'     し ソ...
                            ___
..⌒ヽ           ⊂⊃         /.|:::::::::::|
乂乂||          ∧_∧ +.        |  |:::::::::::|
    ||      +  ,ヘ(゚ー゚*)ヘ.       |  |:::::::::::|
. ●)||見てるよ   ./'''と と ヽヾ ゝ ___|_|:::::::::::|____
∀. . ||.         ~''''~ ヽ  .ノ''~~/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄             U^U   i  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      _____         .|/ ̄ ̄ ̄../|:::::::::::| ̄ ̄ ̄/
      ⊂⊃ | L L ||        ̄ ̄ ̄ ̄|  |:::::::::::| ̄ ̄ ̄
     ∧_∧ | L L ||               |  |:::::::::::|
 +  ,ヘ(*゚ー゚)ヘ__L ||_________ .|  |:::::::::::|
==//と   つヾゝ _l================= i  |:::::::::::|
二 ~'''''と、 ./''~~+  .iヽ二二二二二二二二i  |:::::::::::|
:::::::::::::::: ~U:::::::::: i  . ヽ||~ ̄ ̄| _____.i  |:::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  |___†_|_ _!_____|  |:::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|......( lil゚ー゚)__.._____|  |:::::::::::|__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  /  (S)::::::i\  ....|  |:::::::::::|  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .\ ....\|:::::::::::|    \
      ____/|____  .|   .\    ̄ ̄
     /
     |  ジョン王を守りたまえ。(と言わないとまた愛人取られちゃう)
     \_______________
その結果、イングランドの聖職者達はジョン王の報復を恐れて王に従い聖務に服するか。
             ,,-┬ッrfiiコiiL,!┌─┐     ,,-ク・'',!rテ巛ル、,,,、
         ////ノ /`,,!|も.|   ,i´,i´ ,/`/ ./ .,,il゙
         ││/ 丿 / ,l゙ .il.|う |   .│,l゙ ./ /  /  ,il゙`
            | | .l゙ │.l゙ │ .,il..│来│   | { |  |  ,!  .,ll゜
            ヽ,,L゙l .| | |  .ll .│ね│   ゙l,|,,,,,L │ │ ll′
        /フ"う!''|ili!ョi|y,,,ll _│え .| .,r'",/“フ'う!'リMェxll_
       │.,i´/ .,i´ ,i´.,r'".,,ll..│よ .| l゙ 丿 ,i´ .,i´,/`,/`.,iil°
       { .l゙ | .l゙ ,i´│__. |_ !!!│ |.__ .l゙│__,ll°
      ,,,,,|。.゙l │ ゙l | .|..|_†_|├─┘''゙|_†_| l゙ ||_†_|レ---、,,,,,,,、
     '┬-ニ二,|ュ,|,,,_ヽ(`Д´)ノ   ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ,,,,,,,,,,,---'゚i、
      \        ̄'''' ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ ̄ ̄″`゙゙゙゙°     ,l゙
          ゙'i、 フランス行き                         l゙
         ヽ                             ,l゙
〜〜人〜〜〜〜人〜人人〜人〜〜〜〜〜人〜〜ミ〜〜人〜ミ〜
〜〜~ ~~~     〜〜      ~~~〜〜    ~~〜〜
    〜~   〜〜〜~~   〜人〜     ~~~〜    〜〜人
~~〜 〜      ~~〜   ~~〜   ~~〜〜〜  人〜~
イングランドから逃亡するかの選択に迫られた。
しかし、逃亡したのは高位聖職者ばかりで、実際に業務を担う司祭などの下級聖職者の多くは
イングランドに残り実務的な意味では大きな影響はなかった。
     .。   。   。   。
      .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
      |:  V   V   V  |
     .|:           |
     |________|.
   /            \
  /                 ヽ
  l:::::::::.                 |
  |::::::::::   (●)     (●)  | 司教が逃げ出すのは想定内です。
  |:::::::::::::::::   \___/    |
  ヽ:::::::::::::::::::.  \/    .ノ
   /\ヽ           ./
 /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ    ノ7_,,, 、    _______
/   (⌒、"⌒ソ⌒ヽ─ '"   `、  ( ィ⌒ -'""゙う/聖 職 録 /|
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ       ヽノ   ,イ^_.|≡≡|__|≡≡|彡|_____
    ヽ/`、_, ィ/           ヽ─/ ̄//|≡≡|__|≡≡|/聖 職 録/|
   /     /           ) / ≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
         /    E n g l a n d . i|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
\      ノ             |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
  \__ /             ノ|≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/
王の権利には空位の聖職位の財産(聖職録)は王が管理できるというものがある。
ようするに逃げ出した聖職者の財産は王が自由にしていいのである。
ジョン王はこれを最大限に利用して逃げ出した聖職者の財産の大半を手中に収めた。
               .。   。   。   。
                .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
                |:  V   V   V  .|
               .|:           .|
               |________.|.
             /             \
            /                  ヽ
             l:::::::::.                  | イングランドに教皇はいらない!!
             |::::::::::   (●)     (●)   |  僕がイングランド教会の頂点に立つ!
            |:::::::::::::::::   \___/     |
             ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
            (っ)    ,,,,l ` y l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <ジ ョ ン !   ジ ョ ン !   ジ ョ ン !   ジ ョ ン !>
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\( 
聖務停止は教皇の意図したのとまったく、逆の効果を出してしまう。
民衆や下級の貴族、騎士などは聖職者に断固たる処置を下したジョン王を支持した。
聖職者に対する不信が渦巻いていたのも王の支持アップに一役買ったみたいだ。
     ,.-=== 、__
   ∠ミミヾj┴彡ゝ
  ,/ ,-ー'"   ヾヨ、
  |/財務府長官/7ミ!
  }|r、       l ゙iミ」
  |]ム    _∠ニ,_ィト} 素晴らしい。
  ト、 ̄ ミl=r"  _/ |hj 始めて帳簿が黒字だらけだ。
  `!  ̄ j ,」 ̄  jr'              _______
   丶 ,_`;..__  i /              / 財務割符../|
    ヽ ゙ー‐ ` ; /            ___.|≡≡|__|≡≡|彡|_____
     lヽ,_, /|           /.財務割|≡≡|__|≡≡|/財務割符../|
    _( つ 〆と )カキカキ..    |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
  //黒黒/../|       |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
聖職者に対する財産没収などの罰則や、空位の聖職者の財産管理権などにより
財政状況はジョン王治世中で最も良好な状態になる。
(財務割符とは徴税証明書のようなもの)
        て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
       ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
   ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
   "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
       ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
      ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
    ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
  ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
  .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
   `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
     "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
             ̄ ̄"..i|       .|i
                .i|       |i
                |:::::: ::    `,
                |::::::  , \,i,/、  _人从∧从人从/\
                i~ヽ─({{;, ;})({;, ;})  ヽ うおおおおお!
                (::6::::  `ー '(:: ) -'  ノ  あの糞ガキが!!!
                .|:::: /'/エェェェヺ <  舐めおってからに!!!
                 |:::: !l lーrー、/   ヽ このままじゃすまさんぞ!!!
                  |○ ::: ヽニニソ    ノ 
                 |:::: :::`ー/      VWvVWvVWWV
教皇は結果的にジョン王の財政難を助けることになってしまい、
ジョン王を屈服させるとした目標から大きく遠ざかってしまう。。
そこで教皇は次の一手を打つ準備に入り戦いは長期化の様相を呈した。
inserted by FC2 system