狂える鳩に永久の騒音あれがんばれジョン様

ジョン様の物語


インノケンティウス三世対ジョン王


第一幕 開戦 AA版



(担当 客人の例のにゃあにゃあ)

解説
 1205年7月13日にジョン王の大法官として国制を司ってきたカンタベリ大司教ヒューバート・ウォルターが死去した。それに伴い次代大司教を誰にするかで大司教の臣下と、大司教の選出権を持つ修道院が対立し、その対立にジョン王とインノケンティウス三世が介入したことで、争いはジョン王とインノケンティウス三世の争いへと発展した。インノケンティウスは教皇権の拡大を狙い、ジョン王を屈服させることを目的にしていたみたいだ。
 インノケンティウスはジョン王を屈服させる為に聖務停止で攻撃した。破門を使うまでもなく聖務停止だけで屈服すると予想していたからだ。
「教皇の苛立ち」の続き、「マグナ・カルタの戦い」の前章、
「インノケンティウス三世対ジョン王」(フィクションありあり)
第一幕 開戦
                           ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
             [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※ . |□|.│ |┌┬┐ |::|┃. ウォルター .┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiiiiii|    `)三(├┼┤ |::|┃..|__†__| ┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎    | ::| | ::|└┴┘ |::|┃( ´_ゝ`) ┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|i|ii|. .┏━━━━━┓|::|┃(.    つ┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@_ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|
1205年7月13日にジョン王の大法官として
国制を司ってきたカンタベリ大司教ヒューバート・ウォルターが死去した。
\選出権は我らにある/     \直接関係あるのは我ら臣下だ/
   < ̄ヽ   < ̄ヽ                |~ ̄ ̄|     |~ ̄ ̄|
    |/゚U゚|    |/゚U゚|          Θ|__†__|   Θ|__†__|
    /`--´|   /`--´|          ||(・∀・ )   .||(・∀・ )
   i   ヽ|   i   ヽ|          ⊂ヽ》†《~~ヽ  ⊂ヽ》†《~~ヽ
   i   ノ    i   ノ.             || | | ヽ ゝ . || | | ヽ ゝ
    U U     U U            ||(_(__)~   ||(_(__)~

そして、次のカンタベリ大司教を誰にするかで
カンタベリ大司教の臣下の司教達と
大司教の選出権を持つクライスト・チャーチ修道院の修道士達が対立した。

当初、この争いが、ジョン王とインノケンティウス三世との大規模な闘争に発展すると
予想する者は誰もいなかった。
                        |VVVV:| まーまー、みんなケンカしないで。
                        |    |  この件は僕に任せてくれない。
                       / ̄ ̄ ̄\
          < ̄ヽ   < ̄ヽ   .|..        |   .|~ ̄ ̄|     |~ ̄ ̄|
異存ありません。|/゚U゚|    |/゚U゚|  |:::: ●) ●)| .Θ|__†__|   Θ|__†__|
           /`--´|   /`--´|  ヽ:::::::.....∀....ノ  .||(・∀・ )   .||(・∀・ ) いいでしょ。
          i   ヽ|   i   ヽ|   ⊂.  ∀ つ  ⊂ヽ》†《~~ヽ  ⊂ヽ》†《~~ヽ
          i   ノ    i   ノ.   /_〈/ __ハ     || | | ヽ ゝ . || | | ヽ ゝ
           U U     U U     し ソ.     ||(_(__)~   ||(_(__)~

この争いにジョン王が仲裁に入り、修道士側も司教側も王に全てを委ねることで同意した。
─────────────────────────────────────
               < ̄ヽ   < ̄ヽ
 王は優柔不断!     |/゚U゚|    |/゚U゚| それはよい考えですな。
 信用できません。    /`--´|   /`--´| ですが、ことは王に知られぬよう
 先手を打って        i   ヽ|   i   ヽ| 隠密りに運ばなければ成りませんぞ。
 教皇に大司教決定と .i   ノ    i   ノ
 お伝えしましょう。    (/`J    (ノ`J
            /||丶
            / .| | l
          /   .| |. l
        /    .| | l
    \ /     .| | .l/
   \ /|二・二・二・二・|  / アーーッヒャッヒャッ キブンガ ヨイゾ!!
    メ | |      `,    __人从_人/\ノヽ
  ─   | !   , / \、   `ヽ おー、よくぞまいった。
 ニ─  i~ヽ─( {;,・;})({;,・;})   ノ カンタベリ大司教は
  ヽヾ  (.6 ゚ 。`ー '( ) -'   `  修道院副院長のレジナルトか
   /  .|   /"ヽエェェェヺ o゚  ノ  それで、よいぞ。許可するぞ。
  / ゚   |  。゚ lーrー、/ ゚ 〜3 ,,;⌒ヽ/V⌒ヽ/V´`
   。 。 ゚ |● しヽニニソ・゚
   。 oノ`ヽo ゚`ー/ヽ.,;                   はっ。ありがたき幸せ。
    /      | |  \                   / ̄>   / ̄>
   / ヽ、    | |    \                 |゚U゚ヽ|    |゚U゚ヽ|
   /   ヽ       ヽ  ヽ                   |`--´ヽ   |`--´ヽ
  l     ヽ                          ∪ー∪__)⊃ ∪ー∪__)⊃

しかし、王の仲裁をよそに修道院は万が一のことを考えて先手を打ち、
ジョン王には内密に教皇へ大司教決定を伝えた。
                            |VVVV:| ケンカ両成敗。どっちの候補も失格!
                            |    |  大司教はどっちにも関わりない
                          / ̄ ̄ ̄\  ノリッジ司教ジョン・ド・グレイに決めたよ。
          < ̄ヽ   < ̄ヾ     .|..        |  .  |~ ̄ ̄|     |~ ̄ ̄|
異存ありません。|/゚U゚|    |/゚U゚|      |:::: ●) ●)| . Θ|__†__|   Θ|__†__|
           /`--´|   /`--´|  ハーイ .ヽ:::::::.....∀....ノ   .||(・∀・ )   .||(・∀・ ) いいでしょ。
          i   ヽ|   i   ヽ|  /.†.\⊂.  ∀ つ   ⊂ヽ》†《~~ヽ  ⊂ヽ》†《~~ヽ
          i   ノ    i   ノ. ヽ| ・∀・ ト /_〈/ __ハ     || | | ヽ ゝ . || | | ヽ ゝ
           U U     U U    し` J   し ソ...      ||(_(__)~   ||(_(__)~

修道院のたくらみも知らず、ジョン王はこの争いを利用して子飼いの配下、
ノリッジ司教ジョン・ド・グレイを大司教に推薦し、修道院側も司教側もそれにほぼ同意した。
            /||丶
            / .| | l
          /   .| |. l
        /    .| | l
    \ /     .| | .l/
   \ /|二・二・二・二・|  /
    メ |::::|::#::    `,    __人从_人/\ノヽ
  ─   |::::!::||l , \,i,/、   `ヽ なに、変更だと!!!
 ニ─  i~ヽ─({{;,・;})({;,・;})   ノ それも、あのガキ(ジョン)が
  ヽヾ  (::6::::  `ー '(:: ) -'   `  かってに決めただと!!!
   /  .|:::: /'/エェェェヺ o゚  ノ  そんなもん無効だ!
  / ゚   |:::: !l lーrー、/ ゚ 。  ,,;`ノ  無効に決まってるだろが!!!!
   。 。 ゚ .|● ::: ヽニニソ・゚    ⌒ヽ/V⌒ヽ/V´`
   。 oノ`ヽo ゚`ー/ヽ.,;                   はっ。申し訳ござらぬ。
    /      | |  \                   / ̄>    / ̄>
   / ヽ、    | |    \                 |゚U゚;|     |゚U゚;|
   /   ヽ       ヽ  ヽ                   |`--´ヽ   |`--´ヽ
  l     ヽ                          ∪ー∪__)⊃ ∪ー∪__)⊃
             /||丶
             / .| | l
           /   .| |. l
         /    .| | l
        /     .| | .l
       |二・二・二・二・|
       | | #     `,
       | !l|||ll , \,i,/、
        i~ヽ─( =・-)(=・-)      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ( 6   `ー '( ) -'     / なら、俺が決めてやる!
       .|:::: /'/エェェェヲ     / カンタベリー大司教は
         |:::: !l lーrー、/   < スティーヴン・ラングトンだ!
        |● ::: ヽニニソ     \ 彼ならあのガキも
      /`ヽー (´ヽ (⌒)     \ 文句はいえんはずだ!
     /   \_/  `ノ ~.レ-r┐ ビシッ\________   ごもっとも。ごもっとも。
   /      | |.   ノ__ .| | ト、                 / ̄>     / ̄>
  /       | |.( ̄  `-L人_レ′                |゚U゚;|     |゚U゚;|
 /        | |  ̄`ー--‐                       |`--´ヽ   |`--´ヽ
 |          | |                              ∪ー∪__)⊃ ∪ー∪__)⊃
                             。   。   。   。
                              | ヽ / ヽ ./ ヽ / |
                             .|:  V   V   V  .|
                             |:           .|
                            .|________.|.
                           / ノ(          \ プン゚フン
教皇様より、大司教はラングトンと。     /   ^            ヽ
  < ̄\      < ̄\            l:::::::::     \,, ,,/       .| 僕に黙って
    |;゚U゚|      |;゚U゚|            |::::::::::   (●)     (●)   |  勝手に決めちゃダメ!!!
  /`--´|    /`--´|           |:::::::::::::::::   \___/     |   それに、
⊂(__∪ー∪  ⊂(__∪ー∪           ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   だれ、ラングトンって。
        .∧
      / | | l
     /..  | |. l
    /    .| | l
   /     .| | .l
   |二・二・二・二|  クマ〜〜
   | ノ      ヽ                         。   。   。   。
  /  ●   ● |                        .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
  |    ( _●_)  ミ                        |:  V   V   V  .|
 彡、   |∪|  、`\                      .|:           .|
/ __  ヽノ /´>  )                     .|________.|.
(___)   / (_/                      /u J       u   \ ク、クマ?!
 |       /        こちらの方です。       /      u  u  u J  ヽ
 |  /\ \      < ̄\      < ̄\     l:::::::::               |
 | /    )  )        |;゚U゚|      |;゚U゚|      |:::J:::u(●) u  (●)u    |
 ∪    (  \      ⊂--´|     ⊂--´|     |::::::u::::::::\___/      |
       \_)     ⊂(__ー∪   ⊂(__ー∪      ヽ::::::u::::::::::.\/   u  J ノ
           _ , ‐ ' ゙ ゙̄ヽ,
          , '゙         ) ≡三 三 ミ         \\
        ,ノ!,'         @   .。   。   。     /\   _,.イ  __
  ,,.. --─- ノ゙!,/         .|.ヽ / ヽ ./ ヽ / .|    /   \ ─┼─   |
   ゙̄'i;  ノ゙!,!゙         ゙i, ノ .|:  V   V   V  .|        \ ノ   __| オォ ン
     ゙'゙ ,!V         ,゙゙ .|            |
        !!.,i      ノ゙,  |________|.       \   | ./ ./
       ! !_!_     ,'゙  /        ノ(  \    `゙''‐、 \ | / /
        ! .!_!    ,゙   /          ^    ヽ ──−‐‐‐  ・ クマーーーーーーーー
       i..i'i   ,゙   l:::::::::              .|..      / / | \
       ゙.. ',   !   |::::::::::.              .|     / /  |  \
        '!,',   !   |:::::::::::::::::.            .|    /  /   |∴・ ..\
         ' ,   ',, .ヽ:::::::::::::::::::.         ノ .  / ...∵|:・∴・  \
           \  ' ., \           /   /  ∴・|∵' ・∵
            \  /           ::::i
              \/  /          | クマはいらん!!!
               \/|         ::|
ジョン王は教皇の決定に逆らい、ラングトンのイングランド入国を許さず、
クライスト・チャーチ修道院の修道士達のかってなふる舞を知って、修道士達も追放処分とした。
              ./||丶
              / .| | l
            /   .| |. l
          /    .| | l
         /     .| | .l
         |二・二・二・二・|      _人从∧从人从/\
         |::::|::#::     `,     ≪ 入国を拒否されただと!!!
         |::::!||l  , \,i,/、     ノ  ふざけおってあのガキが!!!!
         i~ヽ─({{;,・;})({;,・;})    `)  聖務停止だ!!!
         (::6::::  `ー '(:: ) -'     `) イングランド全域で聖務停止を施行せよ!!!!
         .|::::  /'/エェェェヺ      ゙VWvVWvVWWV
          |:::: !l lーrー、/              ,, _..r ‐ ァ─-‐''^゙二ニつ ..∧
          |●::、ヽニニソ    _,, r - ‐' ,,r ーァ' "´      l     くr } }}  l | | \
      _..-‐''~、`ー--‐'"ノ. ̄´    ノ            l一'ヽ、_,,つノ  l .| |.   \
    .‐'7     ヽ `Y´ ̄,,ノ       (            /         l | |    ヽ _,, ーー-、
   /       | | /         丿          /            | .| |     ヽ      `i
  ./      | | l         、 _,,,          /            |二・二・二・二・|       ノ 
  /       | | |         /         /              i ´   ゝ  ゛ヽ/      ̄ヽ
                                            /|●   ● lll  /. /(_/ゝ |
                                          と_/(_●_ )  _/. /   ( ~ /
教皇の決定に従わないジョン王に対し、                  クマ〜 'ー-と_/       ̄
インノケンティウス三世はイングランド全域における聖務停止を宣言した。
ここにインノケンティウス三世とジョン王の剣を使わぬ激しい戦いの幕が切って落とされた。
inserted by FC2 system