狂える鳩に永久の騒音あれがんばれジョン様

ジョン様の物語


ブーヴィーヌの大激闘 AA版



(担当 客人の例のにゃあにゃあ)

解説
 ブーヴィーヌへの道の続き。1214年7月27日にシュタウフェン家とヴェルフェン家が帝位をかけて行った最終決戦。
 この戦いに敗退した神聖ローマ皇帝オットー4世は実質的な力をほとんど失い帝位をシュタウフェンに譲り渡すことになった。
 ジョン様は大陸領奪還を断念しなければならなくなり、イングランド諸候が団結してジョン様に抵抗するきっかけを与えてしまった。
 勝利したフランス王はフランス王権を強化して旧プランタジネット領だったフランス北西部を掌握した。ここからフランス王権がフランス全域を覆うように拡大していく。
 シュタウフェン家はフリードリヒ二世の即位に続くドイツ・地中海全域に影響力を行使する黄金時代を享受することになる。

実録! ブーヴィーヌの大激闘!(フィクションありあり)
各君主の戦力(多めの数値)
北方戦線(ブーヴィーヌに参加した兵力)
  . 。   。   。  .。  。
  . | ヽ / ヽ ./ ヽ /ヽ / |
 .. |:  V   V   V   V .|
  .|:              .|
  |__________.|.   オットー皇帝
. §::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::§      歩兵:7500
..§:::::::::::━━━ii::ii::ii━━━:::::§      騎士:1500
ミ:/::::::::::::( ⌒ )=( ⌒ )::::彡
 l :::::::::::::::::::::):::::::⊃:::::::(:::::::::|   .。   。   。   。
 | ::::::::::::::::::::/ ̄⌒ ̄\::::::::::/    .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
 ヽ::::::::::::::::::::\  ̄ ̄ _/::::::::ノ     |:  V   V   V  .|
                     .|:           .|
                     .|.________|
     フィリップ王        /             \
           歩兵:6000 /                  ゙i
           騎士:1300 |     ,_   _,,     .:::::::::l
                   |    .. ´゚゛} `'゚゛      ::::::::::|
                   |       _''__,      :::::::::::::::::|
                   ヽ、     ー    .:::::::::::::::::::/

南方戦線(ブーヴィーヌに参加できなかった兵力)
   .。   。   。   。                   ,:'゙'';,
   .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |              ,.,.,.,.,.,:'  :::';,
   |:  V   V   V  .|     ';'''"""""゙'''''"""  ,:'   :::';,
   .|:           .|      ゙'':;、          ノ ヽ::::';
   |________.|.        ,'           ⌒ ::::::',
 /        U    \      ;  \     /    :::::; 
/  U               ヽ     ;  ●      ●    :::::;'
l:::::::::     \,, ,,/       .|     ',     (__人__)      :::;:'
|::::::::::  |||(●)     (●)   |      '::,,.   {+ + +}      ;:;::''
|::::U::::::::::   \___/     |    _..,.,:‐''   ̄ ̄     ;;
ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ    王太子ルイ
ジョン欠地王              騎士:800 歩兵:不明
たぶん、
フィリップ王に匹敵する兵力(約七千)

対陣一週間目。フィリップ軍、突如退却を始める!

              ◎モルターニュ
              ▽オットー軍


           ◎トゥルネ
           ↓
           ▼フィリップ軍
ブーヴィーヌの橋‖

          .。   。   。  .。  。
          .| ヽ / ヽ ./ ヽ /ヽ / |
          |:  V   V   V   V .|
         .|:              .|
         |__________.|.
       .§::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::§
       §::::::::::::::━━ \,, ,,/ ━━:::::§
      n ミ:/::::::::::::( ⌒ )=( ⌒ )::::彡「千載一遇のチャンスだ!
   / ̄\ l :::::::::::::::::::::):::::::⊃:::::::(:::::::::| 敵の後衛の食らいついて
  ,┤    ト | ::::::::::::::::::::/ ̄~ ̄\:::::::::::::/ 一気に殲滅するぞ!
 |  \_/  ヽ::::::::::::::::::::\ ̄ ̄_/::::::::::::ノ  急げ!」
 |   __( ̄              /
 ヽ___) ノ              /

その頃、フランス王は。
      .。   。   。   。
       .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
       |:  V   V   V  .|
      .|:           .|
      |________.|.
    /             \
   /                  ヽ 
    l:::::::::.     ,,_   _,     |
    |::::::::::      "゚'` {"゚`     | 「皆さ〜ん、
   |:::::::::::::::::      ,__''_       |  退却を止めて、
    ヽ:::::::::::::::::::.    ー      ノ  食事にしましょうよ。」

          .。   。   。  .。  。
          .| ヽ / ヽ ./ ヽ /ヽ / |
          |:  V   V   V   V .|
         .|:              .|
         |__________.|.
       .§::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::§
       §::::::::::::::━━ \,, ,,/ ━━:::::§
      n ミ:/::::::::::::( ⌒ )=( ⌒ )::::彡「貴様ら、気合い入れて走りやがれ、
   / ̄\ l :::::::::::::::::::::):::::::⊃:::::::(:::::::::| フランス野郎が逃げちまうぞ!」
  ,┤    ト | ::::::::::::::::::::/ ̄~ ̄\:::::::::::::/
 |  \_/  ヽ::::::::::::::::::::\ ̄ ̄_/::::::::::::ノ
 |   __( ̄              /
 ヽ___) ノ              /

        .∧         ∧    .   ∧
      .  )(         )(      . )(
  ........     ||  ........     ||  ........     ||
お〜 ...    ||   ......    ||   ......    ||
    .;'''⌒ヽ. ||    .;'''⌒ヽ. ||    .;'''⌒ヽ. ||
    l=====. ||    l=====. ||    l=====. ||
 /~~|(゚∀゚ *)O /~~|(゚∀゚ *)O /~~|(゚∀゚ *)O
 |╋ |ノニニヽ ‖ |╋ |ノニニヽ .‖ |╋ |ノニニヽ‖
 |  (⌒ ノ   |  (⌒ ノ  ...|  (⌒ ノ
 \/ し´ヽゝ . \/ し´ヽゝ   \/ し´ヽゝ≡≡≡3

その頃、フランス王は。
      .。   。   。   。
       .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |           
       |:  V   V   V  .|
      .|:           .|
      |________.|.
    /             \
   /                  ヽ....   ┌┐ 「食前の
    l:::::::::.     ,,_   _,     |   ┌┘└┐お祈りしなくちゃ
    |::::::::::      "-'` {"-`   .|...  └┐┌┘神様に怒られちゃう」
   |:::::::::::::::::      ,__''_       |.......  ..││
    ヽ:::::::::::::::::::.    ー      ノ   .. └┘

          .。   。   。  .。  。
          .| ヽ / ヽ ./ ヽ /ヽ / |
          |:  V   V   V   V .|
         .|:              .|
         |__________.|.
        .§::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::§
        §:::::::::::━━━ii::ii::ii━━━:::::§
        ミ:/:::u:::::( ⌒ )=( ⌒ )::::彡「全速力だ!
         l :::::::::::::::::::::):::::::⊃:::::::(:::::::::| もっとスピードを出せ!」
         | ::::::::::::::::::::/ ̄⌒ ̄\::::::::::/
         ヽ::::::::::::::::::::\ 〜〜_/::::::::ノ

     ...... ∧    . .  ∧        ∧
      .  )(     . . )(        )(
  ........     ||  ........    ||  ........     ||
ぜ〜ぜ〜.  ||   ......   ||   ......    ||
    .;'''⌒ヽ. ||   .;'''⌒ヽ. ||    .;'''⌒ヽ. ||
    l=====. ||   l=====. ||    l=====. ||
 /~~|(゚Å゚; )O ./~~|(゚Å゚; )O /~~|(゚Å゚; )O
 |╋ |ノニニヽ ‖.|╋ |ノニニヽ ‖ .|╋ |ノニニヽ ‖
 |  (⌒ ノ  .|  (⌒ ノ .  |  (⌒ ノ
 \/ し´ヽゝ  \/ し´ヽゝ   \/ し´ヽゝ≡≡≡3

その頃、フランス王は。
      .。   。   。   。
       .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
       |:  V   V   V  .|
      .|:           .|
      |________.|.
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.     ,,_   _,     .| .. \._____./「ふっ、
    |::::::::::      "゚'` {"゚'`    ..|  ... \ワイン/  君の瞳に映った
   |:::::::::::::::::      ,__''_       .|..     \../    僕の瞳に乾杯」
    ヽ:::::::::::::::::::.    ー      ノ  . /⌒⌒)|()

          .。   。   。  .。  。
          .| ヽ / ヽ ./ ヽ /ヽ / |
          |:  V   V   V   V .|
         .|:              .|
         |__________.|.
        .§::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::§
        §:::::::::::━━━ii::ii::ii━━━:::::§ 
        ミ:/::::u::::( / )=( \ )::::彡「あ、あと、すこしだ。
         l :::::::::::::::::::::):::::::⊃:::::::(:::::::::| あ、あと一がんばりだ。」
         | ::::::::u:::::::::/ ̄⌒ ̄\::::::::::/
         ヽ::::::::::::::::::::\  へ _/::::::::ノ

  .     ....∧    .  .. . ∧    .    . ∧
      .  . )(      ... . )(      .  . )(
ヒ〜、ヒ〜..........||     ..   . ||     ..   . ||
    . ;'''⌒ヽ.. ||     . ;'''⌒ヽ.. ||     . ;'''⌒ヽ.. ||
 /~~| l=====....||  /~~| l=====....||  /~~| l=====....||
 |╋ |(*Å*;)O |╋ |(*Å*;)O  |╋ |(*Å*;)O 
 |  |ソニニノ ..||. |  |ソニニノ.....||  |  |ソニニノ ..||
 \/(⌒ (⌒)...||  \/(⌒ (⌒)....||  \/(⌒ (⌒)...|| ) ) )

その頃、フランス王は。
      .。   。   。   。
       .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |        _--:._
       |:  V   V   V  .|       (   )
      .|:           .|      _` ー '
      |________.|.     (_)
    /             \   O
   /                  ヽ O
    l:::::::::.     ,,_   _,     | 「お肌の健康のために、
    |::::::::::      "-'` {"-`    |  食休みは欠かせないわ」
   |:::::::::::::::::      ,__''_       |
    ヽ:::::::::::::::::::.    ー      ノ

          .。   。   。  .。  。
          .| ヽ / ヽ ./ ヽ /ヽ / |
          |:  V   V   V   V .|
         .|:              .|
         |__________.|.
        .§:::::::::::::u:::::::::::u::::::::::::::::u:::::::§
        §:::::::::::━━━ii::ii::ii━━━:::::§ 
        ミ:/::::u::::::( X )=( X )::::::彡「ま、まだ、
         l :::::::::u::::::::):::::::⊃:::::::(:::u:::::| お、追いつかんの.....か....」
         | ::::::::u:::::::::/ ̄⌒ ̄\:::::u::/
         ヽ::::::::::::::::::::\ ⌒⌒ _/::::::::ノ

もう、ダメ〜。動けない〜。疲れた〜。おなか減った〜。
.  ∧        .  ∧        .  ∧
.  )(        .  )(        .  )(
  ||           ||           ||  
 /~~| .;'''⌒ヽ    /~~| .;'''⌒ヽ     /~~| .;'''⌒ヽ
 |╋ | l=====.    |╋ | l=====.   . |╋ | l=====.
 |  |(*Å*.;)⌒) .|  |(*Å*.;)⌒) |  |(*Å*.;)⌒)
 \/⊂ ⊂ノ-しJ \/⊂ ⊂ノ-しJ  \/⊂ ⊂ノ-しJ 〜〜〜

      .。   。   。   。
       .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
       |:  V   V   V  .|
      .|:           .|
      |________.|.
    /             \
   /                  ヽ 
    l:::::::::.     ,,_   _,     | 「あら、オットーさん、
    |::::::::::      "゚'` {"゚`     |  ようやくおいでになったのね。
   |:::::::::::::::::      ,__''_       |   皆さ〜ん、
    ヽ:::::::::::::::::::.    ー      ノ    オットーさんを歓迎して差し上げなさ〜い」

戦場に来るまで全速力で走り続けて疲れ切っていたオットー軍は
食休みまで済ませて気力十分なフィリップ軍に容易く撃ち破られてしまう。

                          /"::⌒ヽ
━━━━╋∩━`ヽ            =i======l
        i=====l ,∧ミ        = (;*Å*.)
        ( ゚∀゚)ミ ・\      _( ヽつTつ
     ミヽ(   ┫⊃入:::::)      ◎−>>┘◎
     ノ::::::::::::(_):::::)   
     >:::>>   ヽ::ヽヽ   
    (:::::::):)    (::::):::)

         ∩
       (。| /。)つ⌒つ
       i======l___ノつ
       ヽ..___ノ
そこでオットー皇帝は最後の手段に訴える!

  . ..。   。   。  .。  。
  . ..| ヽ / ヽ ./ ヽ /ヽ / |
 .. .|:  V   V   V   V .|          _,.―――――、
  |:              .|         /          i
  |__________.|.         l   Long Sword│
. §::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::§        l____,.----、_――┐
..§:::::::::::━━━ii::ii::ii━━━:::::§       l / ━━━  ━━ ̄ ̄
ミ:/::::::::::::( ⌒ )=( ⌒ )::::彡      ┌i, │ 《《●》  《●》
§l :::::::::::::::::::::):::::::⊃:::::::(:::::::::| .      \i│u =  │=│
§| ::::::::::::::::::::/ ̄⌒ ̄\::::::::::/          l┘ u    │  /
..ミヽ::::::::::::::::::::\  ̄ ̄ _/::::::::ノ  .       │  u ..∴:┘:│
/               (_       //|:\     〜〜/
           .       /⌒ヽ⌒、⌒、⌒、 \∵∵∵j
                 / /ヽノヽノヽノヽノ   !゙ー---''
                 /  /:::::::: :::::::::::::::::::::
オットー皇帝「ロングソード君。君の主君が来ないせいでさ、とんでもないことになったね。」
ロングソード「す、すみません。」
オットー皇帝「責任取ってくれないかな?」
ロングソード「.....」
オットー皇帝「余はさ。もう帰るから。余が無事に帰れるようにしんがり務めてよ。」
ロングソード「わ、わかりました....」
オットー皇帝「じゃ、後よろしく。」

       _,.―――――、
      /          i
      l   Long Sword │
      l____,.----、_――┐
     l / ━━━  ━━ ̄ ̄
   ┌i, │ 《《●》  《●》
    \i│u =  │=│「え〜い。
      l┘ u    │  /  秘技!シールド・ウォール!
     │  u ..∴:┘:│  来るなら来て見ろ、フィリッ〜プ!」
..∧(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)
 ||/~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ. /~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ. /~~ヽ
..∧(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)
 ||/~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ. /~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ. /~~ヽ
..∧(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)
 ||/~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ. /~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ. /~~ヽ
..∧(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)(゚∀゚;)
 ||/~~ヽ /~~ヽ. /~~ヽ /~~ヽ /~~ヽ ./~~ヽ /~~ヽ. /~~ヽ
 ||| ╋ |..| ╋ |..| ╋ |..| ╋ |..| ╋ |..| ╋ |..| ╋ |..| ╋ |
 ||| .....|..| .....|..| .....|..| .....|..| .....|..| .....|..| .....|..| .....| 
 |(ヽ.../...ヽ.../...ヽ.../....ヽ.../ ...ヽ.../ ..ヽ.../ ..ヽ.../ ..ヽ.../_)

    _,.―――――、                      .。   。   。   。
   /          i                     .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
   l   Long Sword│                .    |:  V   V   V  .|
   l____,.----、_――┐            .    .|:           .|
   l / ━━━  ━━ ̄ ̄                 .|.________|
 ┌i, │ 《《●》  《●》         「来たわよ!」. /             \
  \i│ u =  │=│                  /                  ゙i
    l┘  u   │  /「ああ〜             |     ,_   _,,     .:::::::::l
   │   u∴:┘:│ みんな逃げやがった。」  . |    ..´゚゛} `'゚゛       ::::::::::|
   │ ト   ⊂二⊃ /                   .|       _''__,      :::::::::::::::::|
   │ ! \∵∵∵j                   .ヽ、     ー    .:::::::::::::::::::/
  /      ̄ ̄ ̄::::i \
 /  /       ::::|_/                   ミ_∧(⊂二 ̄ ̄|
 \/          ::|                     /・ ミ_  │  │
    |        ::::|                    (_人. ミ_ │  │
    i     \ ::::/                        ゙i  │〈___|⌒Y
    \     |::/                        /_│─'し  ゝ
      |\_//                        //ヽ    !、!、 ゙i
      \_/                         ヽ ヽ ッ      ゙i゙i\\

      .。   。   。   。
       .| ヽ / ヽ ./ ヽ / |
       |:  V   V   V  .|
      .|:           .|
      |________.|.
    /             \
   /                  ヽ 
    l:::::::::.     ,,_   _,     | 「身代金の額、次第ね。」
    |::::::::::      "゚'` {"゚`     |
   |:::::::::::::::::      ,__''_       |   イノチバカリハ、オタスケヲ・・・
    ヽ:::::::::::::::::::.    ー      ノ   ○| ̄|_←土下座しているロングソード
inserted by FC2 system