表紙へ ドイツ騎士修道会の表紙へ


ドイツ騎士修道会資料集 未読資料

注.
各項目毎に著者名の50音順に表示。
国外の著者については国内の著者の後にアルファベット順に表示。
著者複数の場合は、最後尾に表示し、表題をキーとして配列。
著者名の次に出版年代をキーとして配列。
値段は参照した本に提示されたもで、現在の価格と異なる可能性あり。

書籍

  1. 池谷文夫著 ドイツ中世後期の政治と政治思想 刀水書房 2000年
  2. 佐口透編 モンゴル帝国と西洋 平凡社 1970年 
  3. 鈴本達哉著 ルクセンブルク家の皇帝たち 近代文芸社 1997年
  4. 瀬原義生著 ヨーロッパ中世都市の起源 未来社 1993年
  5. 山中謙二著 フシーテン運動の研究 聖文舎 1974年
  6. 田北廣道編 中・近世西欧における社会統合の諸相 九州大学出版会 2000年
  7. バルタ・ガボール著 久保義光訳 ベオグラード1456 泰流社 1994年
  8. パンクラートワ著 阿部重雄訳 ロシア古代中世史 東京大学出版会 1954年
  9. ロバート・マーシャル著 モンゴル帝国の戦い 東洋書林
  10. 京大西洋史研究室編 傭兵制度の歴史的研究 比叡書房 1955年
  11. Rudolf Kotzschke/Wolfgang Ebert著 Geschichte der ostdeutschen Kolonisation 1937年
     注:東方植民のコロニーの詳細な地図が218と217頁にある。
  12. Harald Zimmermann著 Der Deutsche Orden im Burzenland
  13. Stefan Kwiatkowski著  Der Deutsche Orden im Streit um Polen-Litauen Sondereinband 2000年
  14. Udo Arnold著 Zur Wirtschaftsentwicklung Des Deutschen Ordens im Mittelalter N.G.Elwert Verlag Marburg
  15. Willy Cohn著 Hermann von Salza Scienntia Verlag Alen 1978年
  16. W.Paravicini著 Die Preussenreisen des europaischen Adel Sigmaringen 1989年
     注:軍旅に参加したイギリスとフランスの貴族450人のリストある。
  17. Weber Lotar著 Preusssen vor 500 jahren in culturhistorischer statistischer und militarischer Beziehung nebst Special-Geograhie Danzig 1878年
  18. Marian Biskup/Gerard Labuda著 Die Geschichte des Deutschen Ordens in Preusssen. Wirtschaft, Gesellschaft, Staat, Ideologie Taschenbuch 2000年
  19. 1524年7月のルターの手紙(Briesemann宛)

論文

  1. 高村象平著 東独植民達成の諸条件 慶応大学三田学会誌37−6 1943年
  2. 山内進著 入るように強制せよ (compelle intrare)−伝道の思想と異教的フロンティア− 比較法史研究−思想・制度・社会6 1997年
  3. W.Paravicini著 Die Preussenreisen des europaischen Adel HZ.232 1981年

表紙へ ドイツ騎士修道会の表紙へ

inserted by FC2 system