表紙へ > 中世の都市表紙へ > ヨーロッパ地中海の都市表紙へ > イギリスの都市
ドイツ騎士修道会表紙へ 百年戦争表紙へ 

オックスフォード(Oxford)
1560年頃にウィンザーとセットで作られた景観図である。10から11世紀は要塞の町であったが、1133年に大学の基礎が置かれ、それ以後13から16世紀の間に次々と大学が作られていき、今では大学の町として世界に知られている。大学町になっただけあり、要塞は消え去り、防備は殆ど施されていない。紋章はこの町の名前の由来、「牛の浅瀬」を表している。牛みたいに鈍重で、モーモーうるさいだけの学生達を表すのにも都合がよいのだろう。(文:ひゃっくまん)

オックスフォードの位置

inserted by FC2 system