表紙へ > 中世の都市表紙へ > ヨーロッパ地中海の都市表紙へ > フランスの都市
ドイツ騎士修道会表紙へ 百年戦争表紙へ 

マルセイユ(Marseille)
1575年に描かれた景観図である。前7世紀頃に建設されたようだ。フランスの地中海への玄関口と言って良い都市である。最初は都市国家として独立していたが13世紀頃にプロバンス伯により占領されて以来、領邦都市の地位に甘んじ、15世紀にはフランス王国に編入されている。幅は幾分狭いが、奥行きのある湾、港の入口に立てられた塔、この組み合わせが実にエロティクでよい。港の入口が鎖で閉じられているところが、ここを船が出入りするところが、更にエロティクな想像力を刺激する。この港に商船が突入する度にフランスに富が生まれ出るのだ。都市の周囲、例えば都市の対岸や港の対岸の丘の上などに建設された砦は都市を守るためと言うより、都市を監視する目的で建設されたもののようだ。(文:ひゃっくまん)

マルセイユの位置

inserted by FC2 system