表紙へ > 中世の都市表紙へ > ヨーロッパ地中海の都市表紙へ > フランスの都市
ドイツ騎士修道会表紙へ 百年戦争表紙へ 

ボルドー(Bordeaux)
右上に円形闘技場、右中央には柱廊跡とローマ期の遺物の多いこの都市はローマ期にはこの辺りの州都が置かれていた。市壁もローマ期に作られたとってもアンティークな都市なのだ。アキテーヌ公領の中心的都市で1152年にアキテーヌ女公エレアノールとイギリス国王ヘンリー二世が結婚したことによりアンジュー帝国の一部となり、英仏王の長きに渡る抗争で、英王はノルマンディーを失い、その後はイギリスの大陸における中心的都市となる。14世紀に行われた英仏百年戦争では黒太子の本拠となり、ポアティエやナヘラ・キャンペーンの出撃基地として使われている。15世紀にヘンリー5世の始めた百年戦争後半戦ではここが出撃拠点として使われることは殆どなく、1453年にフランスが占領した。ここの占領をもって百年戦争は事実上終わったと見られている(文:ひゃっくまん)
図は http://www.philaprintshop.com/ より

ボルドーの位置

inserted by FC2 system