アイトリアのエルクサディエスとの条約協定(スパルタで出土した碑文)

紀元前5世紀頃にエルクサディエスとスパルタの間で結ばれた同盟条約

アイトリアのエルクサディエスとの条約協定
 友好と平和が常に・・・損害を与えることなく・・・あるべし。そしてお互いとの軍事同盟がマンティネイア人・・・の場合を例外としてあるべし。ラケダイモン人が率いていくところには陸上海上どこなりとも従軍すべし。ラケダイモン人が有すると同じ友と同じ敵をもつべし。
 ラケダイモン人の同意なくして同盟からの離脱は認めない。ラケダイモン人が相手とする敵とする敵と同じ敵と戦うことを中止できること。
 一定の逃亡者達の受け入れ禁止。
 もし或る者がエルクサディエス人の地に戦争のために進軍するなら、ラケダイモン人は全力をもって援助すべし。もし誰かがラケダイモン人の国に戦争のために進軍するならエルクサディエス人は可能な限り全力で援軍すべし。

注.
「小田洋著 ペロポネソス同盟関係の新史料 鹿児島大学鹿大史学30号 1982年」より

表紙へ    スパルタ表紙へ

inserted by FC2 system