表紙へ  英仏の闘争へ


未読文献

注.
各項目毎に著者名の50音順に表示。
国外の著者については国内の著者の後にアルファベット順に表示。
著者複数の場合は、最後尾に表示し、表題をキーとして配列。
著者名の次に出版年代をキーとして配列。
値段は参照した本に提示されたもで、現在の価格と異なる可能性あり。

文献

  1. 五十嵐喬著 欧州商業史要説 1941年
  2. 大塚久雄著 経済学全集7欧州経済史 弘文堂
  3. 大塚久雄著 大塚久雄著作集
  4. 小河市太郎著 英国自治制度の歴史的考察 1928年
  5. 尾野比佐夫著 イギリス絶対主義の成立過程 比叡書房 1978年
  6. 河野健二著 西洋商業史 1952年
  7. 小松芳喬著 封建英国とその崩壊過程 弘文堂 1959年
  8. 世良 封建制社会の法的構造
  9. 張漢裕著 イギリス重商主義研究
  10. 富岡次郎著 イギリス農民一揆の研究 創文社 1965年
  11. 村松剛著 ジャンヌ・ダルク 中央公論社 1967年 ¥380
  12. 森護著 英国紋章物語 河出書房新社 1996年
  13. 長谷田泰三著 英国財政史研究
  14. 藤原浩著 イギリス経済史研究 お茶の水書房 1959年
  15. 船山栄一著 イギリスにおける経済構造の転換 未来社
  16. 堀越孝一著 ジャンヌ・ダルク 朝日文庫 1991年
  17. 矢口孝次郎著 イギリス政治経済史 1942年
  18. 吉岡昭彦著 イギリス地主制の研究 1967年
  19. 蝋山政道著 英国地方行政の研究 1949年
  20. アイリーン・バウア著 山村延昭訳 イギリス中世史における羊毛貿易
  21. W.アシュリイ著 野村兼太郎訳 英国経済史及び学説
  22. W.アシュリイ著 矢口孝太郎訳 イギリス経済史講座
  23. アンリ=ギュイマン著 小林千代子訳 ジャンヌ・ダルク−その虚像と実像− 社会思想社 1974年
  24. アンドレ・ボシュア著 新倉俊一訳 ジャンヌ・ダルク 白水社 1969年 ¥750
  25. カルメット著 川俣晃自訳 ジャンヌ・ダルク 岩波書店 1951年
  26. ガンスホーフ著 森岡敬一郎訳 封建制度 慶應通信 1958年
  27. ジャン・フロリ著 新倉俊一訳 中世フランスの騎士 白水社 1998年 ¥951
  28. ストレイヤー著 鷲見誠一訳 近代国家の起源 岩波書店 1975年
  29. スリッヘル著 速水融訳 西ヨーロッパ農業発達史 日本評論社 1969年
  30. ピレンヌ著 大塚久雄/中木康夫訳 資本主義発達の初段階
  31. ヒルトン/ファーガソン著 田中浩/武居良明訳 イギリス農民戦争 未来社 1961年
  32. O.ヒュンツ著 成瀬治訳 身分制議会の起源と発展 創文社 1975年
  33. プラクネット イギリス法研究会訳 イギリス法制史・総解説 東京大学出版会 1959年
  34. J.ベイカー著 小山貞夫訳 イングランド法制史概説 創文社 ¥5500
  35. マルクス著 資本制生産に先行する諸形態
  36. マルク・ブロック著 河野健二/飯沼二郎訳 フランス農村史の基本性格 創文社 1959年
  37. マルク・ブロック著 新村猛/森岡敬一郎/太高順雄/神沢栄三訳 封建社会 みすず書房 1963年
  38. マルク・ブロック著 高橋清徳訳 比較史の方法 創文社 1978年
  39. 大塚久雄/入交好脩編 経済史学論集 河出書房新社
  40. 戒能道考編 警察権 1960年
  41. 角山栄編 経済学大系8 西洋経済史 学文社 1975年 
  42. 木村尚三郎編 世界の女性史4 評論社 1976年
  43. 柴田三千雄/樺山紘一/福井憲彦編 世界史大系フランス史1 山川出版社 1995年
  44. 高村象平/小松芳喬編 経済学全集3西洋経済史 世界書院 1965年
  45. 高橋幸八郎/古島敏雄編 近代化の経済的基礎
  46. 中村賢二編 国家−理念と制度 京都大学人文研究所 1989年 内 江川温著 中世フランスの民族意識
  47. 服藤弘司/小山貞夫編 法と権力の史的考察 上 創文社 1977年
  48. 堀米庸三編 西洋中世世界の展開 東京大学出版会 1973年
  49. 松田智雄編 西洋経済史講座1
  50. 森本芳樹編 西欧中世における都市=農村関係の研究 九州大学出版会 1988年
  51. 田北廣道編 中・近世西欧における社会統合の諸相 九州大学出版会 2000年
  52. 京大西洋史研究室編 傭兵制度の歴史的研究 比叡書房 1955年
  53. − 欧州経済史論集 学芸書房
  54. − 社会経済史体系3 弘文堂
  55. − 西洋経済史講座 岩波書店 1960年
  56. − 史学研究五十周年論叢 福武書店 1984年 「尾野比左夫著 ヘンリー五世の統治」
  57. − 歴史をさわがせた女たち 外国編 文春文庫 1978年
  58. − 原典イギリス経済史 御茶の水書房 1967年
  59. − イギリス経済史研究 1959年
  60. ヒルトン/フェイガン著 田中浩/武居良明訳 イギリス農民戦争
  61. J.F.Verbruggen著 The Art of Warfare in Western Europe BOYDELL 1997年

論文

  1. 新井由紀夫著 十五世紀イングランドに於けるジェントリとアフィニティ 史学雑誌95−8 1986年
  2. 新井由紀夫著 一五世紀イングランドにおけるジェントリとフラタニティ 西洋史研究 1990年
  3. 五十嵐喬著 マーチャンツ・アドヴェンテュァラーズの英国商業史上の地位 経済商業論集6 1933年
  4. 五十嵐喬著 中世商人の二類型 経済商業論集42 1952年
  5. 五十嵐喬著 イギリスにおける初期の商業 経済商業論集47 1952年
  6. 井上泰男著 フランス・ベルギーにおける中世貴族の研究動向 史学雑誌72−8 1963年
  7. 石田譲著 一三八一年一揆におけるロンドン(1) 流通経済大学論集14−4 1980年
  8. 井上泰男著 フランス・ベルギーにおける中世貴族の研究動向 東京大学史学雑誌72−8 1963年
  9. 井上泰男著 中世後期におけるフランス貴族の発展 歴史教育8 1963年 
  10. 大谷伴子著 マーガレット・オブ・ヨークとブルゴーニュ公国の政治文化 駿河台大学15 1997年
  11. 岡田与好著 「労働者法令」違反事件を通じてみたイギリス・マナー崩壊期における「賃労働」 土地制度史学3
  12. 岡田与好著 イギリス初期労働立法の歴史的展開−−賃労働史序説−− 経済科学52
  13. 岡田与好著 イギリス・マナー崩壊の基本的特質 社会科学研究5−2
  14. 岡田与好著 題名不明 社会科学研究5−3
  15. 奥西考至著 一五世紀イーペルの穀物価格変動 国民経済雑誌180−4 1999年
  16. 角山栄著 中世末サフォークにおける農村毛織物工業の発展と「農村都市」の成立 社会経済史学23−2
  17. 金尾建美著 ヴァロワ家ブルゴーニュ公フィリップ・ル・ボンの財政(1) 川村学園女子大学研究紀要9−1 1998年
  18. 金尾建美著 デマとパニック 歴史学研究743 2000年
  19. 川口博著 百年戦争とフランス民族の形成 上下 史林39−5,6 1956年
  20. 北野かほる著 十四世紀末期イングランドの議会裁判制度−−「議会記録集」の記事をたどって−− 盛岡短期大学 法経論叢7−3
  21. 北野かほる著 中世末期イングランドの秩序維持政策−−騒擾法Statute of Riot の成立過程−− 法政史研究43 1993年
  22. 木村尚三郎著 フランス封建王制、その成立過程、帰結 史学雑誌64−10 1954年
  23. 木村尚三郎著 古典的封建制から絶対制へ 歴史学研究242 1960年
  24. 近江吉明著 14世紀北フランスにおけるジャックリーの意義 専修大学専修史学 第5号 1973年
  25. 城戸毅著 既刊治安裁判所録 東大史学雑誌69−8
  26. 城戸毅著 十四世紀後半英国における雇用労働と手工業 東大史学雑誌70−8
  27. 城戸毅著 初期の治安判事 東大史学雑誌71−6
  28. 城戸毅著 英軍占領下ノルマンディ民衆の帰属意識 社会史研究4 1984年
  29. 田村浩一著 治安判事の研究序説 法学雑誌5−3
  30. 高橋清徳著 地方三部会の研究試論 法学32−2,3,4 1968年
  31. 高橋清徳著 身分制議会把握の理論的問題 法律叢書42−2 1969年
  32. 高橋清徳著 国家と身分制議会 明治大学法制研究所紀要13・14、15 1971−72年
  33. 高橋幸八郎著 一四・五世紀における「経済衰退」論に関する最近の動向とその批判 社会科学研究10−4 1959年
  34. 高山一彦著 ジャンヌ・ダルクの裁判に就いて 西洋史学4 1949年
  35. 武居良明著 労働者条例を通じてみた十四世紀イギリスの賃労働 経済科学25
  36. 武居良明著 題名不明 社会経済史学24−4,5,6
  37. 花田洋一著 一五世紀中葉プロヴァン都市会計簿の分析 九州大学経済論究94
  38. 根岸国考著 中世巴里ぎるど章程鑑−−Livre des Metiers訳注−− 一橋研究年報商学研究1
  39. 塙浩著 フランドル伯領城主支配圏制度に関する一所説−−ガングホーフ「シャァテルニー裁判廷研究」−− 神戸法学雑誌15−1 1965年
  40. 塙浩著 フランドル伯領城主支配圏序説−−ことにベルギー史学の動きをめぐって−− 法学30−1 1965年
  41. 東出功著 15世紀イングランドにおける司教管区の行政(上下) 北海学園大学人文論集10−11 1998年
  42. 藤田重行著 中世イギリス社会−−都市及び農村に関する研究の動向について−− 歴史教育 16−11
  43. 船山栄一著 社会的分業の展開と小ブルジョア経済の形成 社会労働研究10
  44. 船山栄一著 絶対王政成立期における社会的分業の存在形態 歴史学研究207
  45. 堀越孝一著 14・15世紀フランスにおける諸侯領、または地方郷士伝統の誕生 白山史学34 1998年
  46. 三好洋子著 イングランド封建制下の雇用労働者について 社会経済史学22−3
  47. 三好洋子著 ワット・タイラーの一揆をめぐるいくつかの解釈 法政史学45 1993年
  48. 三好洋子著 「一三八一年一揆」再考 国民経済雑誌168−3 1993年
  49. 山瀬善一著 伯ギュイ・ド・ダンピエールと伯財政 関西大学商学論集15−5,6 1971年
  50. 山村延昭著 中世イングランド羊毛貿易の構造 九大経済学研究 25−1
  51. 吉岡昭彦著 イギリス農村工業の成立 福島大学商学論集 22−4
  52. 米川伸一著 中世イギリスにおける「農村市場」の成立 社会経済史学22−3
  53. M.M.Postn著 The Costs of the Hundred Years'War PAST AND PRESENT27 1964年

表紙へ 英仏の闘争へ

inserted by FC2 system