狂える鳩に永久の騒音あれ鳩の遠吠え

フマユーンの物語
シェル・シャーの爆死 GIF版

(担当 客人の例のにゃあにゃあ)

解説
 ムガル帝国二代目の皇帝フマユーンの宿敵?!のシェル・シャー。フマユーン率いるムガル帝国を撃ち破り、インド北部にスール朝を開いた。
 虎殺しと呼ばれるほどの猛者で、征服地を迅速に整備して統治機構をうち立て、15万人とも言われている常備軍を整備した。インドのある歴史家からは「インド・イスラーム君主の中で最も偉大な人物」などと評価されている。
 しかし、最後はあっけなく。爆発事故に巻き込まれて命を落とした。つづく後継者のイスラーム・シャーも有能な君主であったが、内乱がうち続き統治8年目に死去してしまい。内乱はさらに激しくなり、フマユーンに帝国を奪い取られてしまう。
inserted by FC2 system